オーストラリアドル概論

今年の金需要はインドや中国の増加で拡大見通し

世界13力国に上場している金ETFの現物保有高は17日に1,525.23トンとなり、前週末比3.34トン減少した。米国で1.52トン、英ETFSで1.32トン、英GBSで0.01トン、南アで0.49トン減少した。景気回復期待を背景としたポートフォリオの組み替えなどで売られた。年明け以降、ETFの現物保有高は減少傾向にあるが、2010年第4四半期末のSPDRゴールドの保有について、ソロス・ファンドが前期末比2万5,000株増の472万1,000株、債券運用大手PIMCOが同69万6,000株増の221万8,000株となったことがわかった。

オーストラリアドル概論

オーストラリアドルとは

 

豪州は各種の鉱産資源に恵まれており、中国、インド、ブラジルなjどの新興国の経済拡大を背景に、コモディティー通貨が高騰したことで、その恩恵を享受している。ちなみに、豪州の輸出品目で一番大きな項目は石炭、鉄鉱石、金、原油などの鉱産資源である。また豪州の企業の大手を掲げるとすれば、ナショナル・オーストラリア銀行、コモンウェルス銀行、ウェストパック銀行などの銀行を除いて、BHP Billitonが挙げられる。 BHPは世界最大の鉱山資源会社で、豪州株式指数S&P AS200株式指数の9%強のウェイトを占める。したがって、豪州の株式指数はコモディティー価格の水準と密接な関係を有することになる。すなわち、コモディティー価格が上昇すれば豪州の株価水準も上昇する傾向がある。
オーストラリアの名所

 

豪州の通貨は、オーストラリアドル(以下「豪ドル」とも標記する)で、通貨記号として「AUD」を使用するよ市場ではよく「オージー(Aussie)」、と呼ばれる。加ドルやニュージーランド・ドルと並んでコモンウェルス通貨*を構成し、また加ドルやノルウェイ・クロニネ、南ア・ランド等と並んでコモディティー通貨でもある。そして、以前から高金利通貨の一つとして知られている。

 

豪ドルは日本の投資家とも深い関連がある。1980年代から生保などの機・関投資家が、高金利通貨として投資の対象にしてきた。また日本の個人投資家にも、豪ドル円預金として親しみのある通貨である。 1980年代終盤にはコアラやカンガルー等といった商品名で、豪ドルを使用したデリバティブを含む商品が大流行した。

 

また1990年代後半以降も、日本の低金利に比べて豪州の高金利は魅力的であり、日本から毎年、巨額の証券投資が行われている。一流債券発行体による日本投資家向けの債券は、為替市場ではウリダシ(Uridashi 売出債)と呼ばれており、その市場の大きさから豪州の中央銀行や豪州の民間銀行が注目し、ウリダシの影響について分析を行っているほどである。

 

*コモンウェルスは、1931年のウェストミンスター憲章でできた英連邦で、英国とそのかつての植民地からなっている。豪州、カナダ、インド、西インド諸島、アフリカの一部の国がそれにあたる。コモンウェルス通貨とはそこでの通貨を指すが、為替市場では豪州、カナダなどの一部の主要通貨を指している場合が多い。

 

参考:口コミと評判で比較!FX業者・証券会社の人気ランキング

オーストラリアドルの特徴

豪ドルの特徴としては、(1)ユーロと連動が強い、(2)日本からの投資の動きに左右される、(3)アジア経済の動向が関係する、(4)ニュージーランドNZDの動きを意識する、泣Rモディティー価格が注目される、糾C外からの企業買収に関連する投資が関係する、といった点が挙げられる。
オーストラリアドルのimage

 

ユーロと連動が強い

 

ここでユーロとの連動性だが、豪ドルとユーロはよく連動する。基本的にユーロと豪ドルとの直接的な関連はないものの、何らかの材料で米ドルが売られると、その好敵手ユーロが買われ、連想的に豪ドルが買われるという流れだ。その逆もまた成り立つ。米ドルヘの対抗馬としてのユーロがあり、それに追随する豪ドルというイメージである。

 

もちろん、ドル指数、例えばニューヨークのFINEXが計算するDXY指数と豪ドルとは・、高い逆相関の関係にあることも確認される。豪ドルとユーロの順相関の成立と表裏一体をなす。こうした関係はユーロと日本円でも見られるが、豪ドルとの関係がより顕著であると言える。ちなみに、2005年2月末から2005年8月末でのユーロと他の通貨との相関関係(日々変動%で)を見ると。

 

これを見ると、豪ドルが特段にEURと高い相関を示すというわけではない。EUR/USDと通貨(対USD)との相関係数いが、それでも日々の変動の要因としてユーロの変動が引用される。

 

日本からの投資の動きに左右される

 

日本での売出債の隆盛に見ると、日本の個人投資家の高金利通貨に対する需要が強いという傾向がある。これまで、米ドルと並んで豪ドル建ての債券・預金への投資も好んできた。豪ドル投資については、基本的には円から豪ドルヘの投資となるので、市場へのインパクトとしては購入時に豪ドル買い、円売りとなる。

 

また売出債発行額の増加が、豪州の金融市場に与える影響も大きくなってきている。すなわち、豪州の国内金利に低下圧力を与えることにつながるからだ。 RBA (豪州中央銀行、後述)の2003年5月四半期報で、日本の売出債の分析が掲載されていた。それによると2003年第1四半期には、155 億豪ドルがユーロ豪ドル建てで発行され、その約3分の2を日本の投資家が購入したのではないかとしている。これは日本円にして8,000億円程度になる。さらに、日本の財務省の証券投資データによると、2003年1〜3月での外債投資総額は3兆4,080 億円であるから、この時期、約4分の1が豪ドルに振り向けられた勘定になる。

 

アジア経済の動向が関係する

 

地理的な位置から、豪州経済はアジア経済と密接につながっている。オーストラリア政府統計局のデータによると、豪州貿易の最大のパートナーは日本であり、これに米国・中国が次く。また、アジアの貿易が占める地位も重要で、アジアにこではインド・パキスタンは含めない)のその比率を見ると、2004年ではアジアが輸出の50%程度、輸入の40%程度を占め、図表2-1-6 豪州の国別輸出・輸入豪州にとってアジアが非常に重要であることが分かる。 2003年から2004年にかけての伸び率を比較すると中国の躍進が顕著で、輸出が21.1%、輸入は25.7%と、過去の伸び率に比較しても急上昇を見せた。アジア経済の拡大は豪州の経済の拡大に直結し、経済パフォーマンスを押し上げることになり、これが豪ドルを強める要因にもなっている。

 

2004年4〜5月に中国で金融引締め政策(特定業種への貸出中止)が発表され、豪ドルが売られたこと。AUD/USDはこの時期、0.7695の高値から0.6797へ11.7%も下落した)を鑑みると、中国と豪州の一層の経済関係緊密化は、豪州経済あるいは豪ドルが中国の経済状況・金融政策の変化で、今以上の影響を受けるであろうことを示唆している。

 

次のページでNZドルとの関連性に関して記載していきたい。

 

金ETFを最も多く保有しているのはポールソン・ファンドで同変わらずの3,150万株(全体の7.5%)となっている。一方,米商品先物取引委員会(CFTC)建玉明細報告によると,2月8日時点のニューヨーク金の大口投機家の買い越しは16万7,093枚(前週15万1,194枚)に拡大した。インフレや中東情勢に対する懸念を背景にファンド筋の買い意欲が高まるようなら目先の支援要因になろう。ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のゴールド・ディマンド・トレンズによると,2010年の世界の金需要は前年比9%増の3,812.2トンとなった。宝飾需要が同17%増の2,059.6トンとなった。国別ではインドが69%増の745.7トンが目立った。また公的部門が21年ぶりに買い越しに転じた。2011年の金需要はインドや中国の買い付け増加で拡大が見込まれている。財政問題やインフレ懸念で投資需要の行方が注目されるが,今後の下落場面では新興国の実需筋の買いがどの水準で入るかが焦点になりそうだ。